スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


学生の頃に食べていたモスは美味しかった。
マックを食べれない私にとっては、
ファーストフードの救世主みたいなものだった。

その名残で今も食べ続けているのだけど、
モスは明らかに味が変わった。

強烈な香料臭で手がおそろしく臭くになる。
モスを食べた次の日は、必ずといっていいほど
お腹が張る感じがあり、時々、吐き気にも襲われたりする。
何が原因かは分からないけど・・なんか体調がよろしくない。。

それでいて、値段がべらぼうに高い。
高いっす。

でも、体がトランス脂肪酸を必要とする時、
『少々お高いけど、良質そうだし、マックはちょっとだし・・』
みたいな感覚があったので、自分を騙し騙し"モス派"と言ってきた。

たぶん、素材が"国産"だという先入観があったからだと思う。

しかし。
モスの商品品質は、私が思っていたのとは違うみたい。
中国産の鶏肉などを使用しているらしい。よく知らんが。

私は・・韓国産のキムチも中国産の中華具も食べない。
これはほぼイメージの問題だけど、差別や偏見というよりは、
万が一の時のことを考えますと、対処法が限られている
ここら辺のものに手を出すのはリスクが大きいように感じるから。

また、バーグが合挽になるとのことなんだけど・・・
・・・・モスが好きな人達はこういう変化を
如何なものと受け止めているのでしょうね?

「高品質だから、高くてもモス」というのが
モス好きな人達の心情ではないかと
勝手にイメージしちゃったりしているのですが、
もしそうだとすると〜・・外国産の素材や合挽化などは
品質への"信頼感"を変えると思うし、値段の高さを
肯定できる要素がなくなってしまうということでありまして、
所謂、オワタという状態ではないかと。

まぁ、すべては私の勝手な好みや憶測ですが。



でもね、一番分からないのは、どうしてこれまでの経緯から
ニーズを把握できなかったかということ。

モスファンが「高品質だから、高くてもモス」という感覚を
持っていることくらい・・分かりそうなものだと思うんだけどね。。

コアなモスファンからしたら、『モスはファーストフードに非ず』なんて
思っていたかもしれないよと思うくらい、モスっていうのは
"品質優先感"があってイメージが良かったのだと思うのですよ。

「他ファーストフード店と変わらない材料のハンバーガーを何倍もの値段を出して食べていた」
なんて感覚を持たれたら先行き厳しいそうだと思うんだけどね。。


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -